淫堕の姫騎士ジャンヌ Scene1.「孕まされた守護天使」

淫堕の姫騎士ジャンヌ Scene1.「孕まされた守護天使」

地に降り立った天使の末裔で、その再来とも言われるうら若き処女姫ジャンヌ――汚れを寄せつけぬ気品溢れる美貌、清く眩い肢体が魔族たちの手に落ち、義理の母である王妃セリーヌともども、女と生まれた事を後悔したくなる程の淫靡で無慈悲な恥獄に囚われてしまう。

<配信元>Pornhub(配信元サイトにて動画が削除されている場合もあります。)

<STORY>淫堕の姫騎士ジャンヌ Scene1.「孕まされた守護天使」

小国ながら豊かな大地と自然に恵まれ、争いのない平和な営みをおくるリブファール王国。
かつて天使が降り立ったと言い伝えられる聖地を治めるのは、その末裔と言われるグルノーブル王家である。
その主として亡き夫に代わり国を治めるセリーヌ王妃を支えていたのは先代国王の忘れ形見ジャンヌ。清らかな美貌と共に魔法剣士としての聖なる血と力を受け継ぎ、天使の再来、光の翼、リブファールの守護天使と称えられる美姫だった。